社会保険などの手続き

未分類 0 Comments

社会保険労務士という仕事を聞いたことがある人は多いことでしょう。しかし、実際の所、この社会保険労務士という人がどのような業務を行っているのかを説明できる人は少ないです。今回はそんな社会保険労務士と呼ばれる人がどのような業務を行っているのかをみなさんにご紹介させていただきます。

社会保険労務士社会保険労務士は主に社会保険労務士事務所に所属しており、担当の企業を専門的にサポートしていくわけですが、そんな社会保険労務士の主な業務の中に社会保険などの手続き業務があります。会社を経営している以上は適正に社会保険や労働保険などに加入しなくてはならず、その加入によって従業員は安心して働くことができます。これらの手続きを行わずにいると、従業員の病気や怪我、労働災害、失業、あるいは定年後の年金などの給付を受けられないなどといった重大な事柄につながってしまいます。しかし、社会保険などの手続きは、制度の複雑化に伴い、書類の作成に時間を費やすなど大きな負担となっています

また、年度更新や算定基礎業務は、その基礎となる賃金の定義や保険料の算出について専門的な知識が必要となり、申告額に誤りがあると追徴金や延滞金を徴収されることもあります。社会保険労務士は社会保険などの申請業務を代行することで、スムーズにその手続き行うことができ、企業の成長にかかすことができない役割を持った人達なのです。