未分類 0 Comments

現在の日本では原則的に全ての人が年金制度に加入することになっています。しかし、法改正による複雑化やデータ漏れなど実際には多くの問題を抱えているのも事実です。そのような年金制度のスペシャリストとして、社会保険労務士が集う社会保険労務士事務所があるのです。この社会保険労務士事務所では、一般的な年金制度に対するサポートはもちろんのこと、障害年金や遺族年金といった部分もサポートしています

サポート社会保険労務士は公的年金に関する唯一の国家資格者として、認められている立場ですのであらゆる年金制度に対応することができます。年金制度は非常に難しい制度ではありますが、社会保険労務士に依頼する場合には複雑な年金制度をどなたにも分かりやすく説明してくれますし、その人それぞれで事情が異なりますので、必要に応じ様々な事務手続を最初から最後までサポートしてくれます。

年金の間違えで最も多いのが受給資格を持っていれば誰でももらえる制度であると勘違いをしてしまっていることです。年金は待っているだけでは自動的に支給が開始されない制度で支給される為には年金機構に申請手続きを行う必要があります。そのような時にも年金制度のスペシャリストである社会保険労務士は依頼者に代わって、的確にそしてスピーディーに申請手続きをすることができますので、年金制度で困っている方は社会保険労務士に依頼することが最適な方法であると言えます。

未分類 0 Comments

社会保険労務士事務所が行っている業務は、企業の従業員がより良く働けるための組織作りと思われている方も多いかもしれませんが、それ以外にも一般の方で障害年金を受給する為のサポート業務を行っているということをみなさんはご存知でしょうか?

障害年金この障害年金とは、精神的、身体的に働くことができない方の為に国からお金を支給し、受給できる年金制度です。しかし、この障害年金をもらう為には煩雑でそして多くの書類提出が求められる為、一般人が自分で申請をすることが難しい年金制度です。これを受給する為に社会保険労務士が障害年金申請サポートをすることで円滑に受給することができるようになります。障害年金を受給する為にはあらゆる角度から良い方法を検討し、依頼者の方に一番有利な提案をすることができます。そもそもこの障害年金を申請する方は何らかの重い障害を抱えているわけなのですから、この申請作業は多くの人にとって相当な負担を要します

また、たとえ多くの時間を割いて申請書を揃えて提出できたとしても書類不備などもあり障害年金が支給されないという場合が非常に多い年金がこの障害年金という年金です。従って、障害年金を申請する場合には社会保険労務士に依頼してスムーズに受給できるようにしてもらうのが、ベストな方法だと言えるのです

未分類 0 Comments

社会保険労務士という仕事を聞いたことがある人は多いことでしょう。しかし、実際の所、この社会保険労務士という人がどのような業務を行っているのかを説明できる人は少ないです。今回はそんな社会保険労務士と呼ばれる人がどのような業務を行っているのかをみなさんにご紹介させていただきます。

社会保険労務士社会保険労務士は主に社会保険労務士事務所に所属しており、担当の企業を専門的にサポートしていくわけですが、そんな社会保険労務士の主な業務の中に社会保険などの手続き業務があります。会社を経営している以上は適正に社会保険や労働保険などに加入しなくてはならず、その加入によって従業員は安心して働くことができます。これらの手続きを行わずにいると、従業員の病気や怪我、労働災害、失業、あるいは定年後の年金などの給付を受けられないなどといった重大な事柄につながってしまいます。しかし、社会保険などの手続きは、制度の複雑化に伴い、書類の作成に時間を費やすなど大きな負担となっています

また、年度更新や算定基礎業務は、その基礎となる賃金の定義や保険料の算出について専門的な知識が必要となり、申告額に誤りがあると追徴金や延滞金を徴収されることもあります。社会保険労務士は社会保険などの申請業務を代行することで、スムーズにその手続き行うことができ、企業の成長にかかすことができない役割を持った人達なのです。

未分類 0 Comments

社会保険労務士ほとんどの成人は会社に勤めていたり、ご自身で仕事をやっていたりするかと思います。現在の日本では年金や雇用保険、労働保険など働いている人であれば加入しなければいけない要件がいくつかあります。会社に勤めている方であれば毎月会社の方で手続きを行ってくれますので、あまり気にされたことはないかもしれませんが、このような業務は非常に複雑で、大企業などではその道のプロでなければその業務を行うことができないでしょう。そのような時にその道のプロと呼ばれる者が社会保険労務士と呼ばれる人です。そして、その社会保険労務士が集うところを社会保険労務士事務所と呼ぶのです

それでは実際にこの社会保険労務士事務所ではどのようなことを行っているのでしょうか?一番みなさんに分かりやすくお伝えするのであれば、やはり加入義務でもある社会保険関係の話になります。具体的には社会保険の加入手続きなどがあります。この他に雇用保険なども絡んでくる労働保険料の計算となります。また社会保険労務士は社会保険や労働保険だけを行っているだけではありません。その道のプロとして社内の賃金台帳作成や確定申告、労働契約や就業規則の作成までも行うことができます

そんな社会保険労務士が集う社会保険労務士事務所は書類の作成を通して、就労者の義務や権利をフォローし、安心してその会社で働くことができるのです。つまり社会保険労務士事務所とは、企業が良い方向に進む為の就労者をその業務に没頭させることができるスペシャリストと呼べる集団なのです。