未分類 0 Comments

社会保険労務士ほとんどの成人は会社に勤めていたり、ご自身で仕事をやっていたりするかと思います。現在の日本では年金や雇用保険、労働保険など働いている人であれば加入しなければいけない要件がいくつかあります。会社に勤めている方であれば毎月会社の方で手続きを行ってくれますので、あまり気にされたことはないかもしれませんが、このような業務は非常に複雑で、大企業などではその道のプロでなければその業務を行うことができないでしょう。そのような時にその道のプロと呼ばれる者が社会保険労務士と呼ばれる人です。そして、その社会保険労務士が集うところを社会保険労務士事務所と呼ぶのです

それでは実際にこの社会保険労務士事務所ではどのようなことを行っているのでしょうか?一番みなさんに分かりやすくお伝えするのであれば、やはり加入義務でもある社会保険関係の話になります。具体的には社会保険の加入手続きなどがあります。この他に雇用保険なども絡んでくる労働保険料の計算となります。また社会保険労務士は社会保険や労働保険だけを行っているだけではありません。その道のプロとして社内の賃金台帳作成や確定申告、労働契約や就業規則の作成までも行うことができます

そんな社会保険労務士が集う社会保険労務士事務所は書類の作成を通して、就労者の義務や権利をフォローし、安心してその会社で働くことができるのです。つまり社会保険労務士事務所とは、企業が良い方向に進む為の就労者をその業務に没頭させることができるスペシャリストと呼べる集団なのです。