未分類 0 Comments

現在の日本では原則的に全ての人が年金制度に加入することになっています。しかし、法改正による複雑化やデータ漏れなど実際には多くの問題を抱えているのも事実です。そのような年金制度のスペシャリストとして、社会保険労務士が集う社会保険労務士事務所があるのです。この社会保険労務士事務所では、一般的な年金制度に対するサポートはもちろんのこと、障害年金や遺族年金といった部分もサポートしています

サポート社会保険労務士は公的年金に関する唯一の国家資格者として、認められている立場ですのであらゆる年金制度に対応することができます。年金制度は非常に難しい制度ではありますが、社会保険労務士に依頼する場合には複雑な年金制度をどなたにも分かりやすく説明してくれますし、その人それぞれで事情が異なりますので、必要に応じ様々な事務手続を最初から最後までサポートしてくれます。

年金の間違えで最も多いのが受給資格を持っていれば誰でももらえる制度であると勘違いをしてしまっていることです。年金は待っているだけでは自動的に支給が開始されない制度で支給される為には年金機構に申請手続きを行う必要があります。そのような時にも年金制度のスペシャリストである社会保険労務士は依頼者に代わって、的確にそしてスピーディーに申請手続きをすることができますので、年金制度で困っている方は社会保険労務士に依頼することが最適な方法であると言えます。